講 師:手塚 眞 (ヴィジュアリスト/映画監督)
講 師:手塚 眞

(ヴィジュアリスト/映画監督)

1961年東京生まれ。高校生の時から映画制作を始め、大島渚監督をはじめとする映画人の高い評価を得て多数の映画コンテストに入賞。1985年、25歳のときに『星くず兄弟の伝説』で商業映画監督デビュー。1999年映画『白痴』がヴェネチア国際映画祭で上映されデジタル・アワード受賞。世界的に注目される。2016年、30年ぶりの続編『星くず兄弟の新たな伝説』を監督。東京国際映画祭招待上映。2019年手塚治虫原作の劇映画『ばるぼら』(稲垣吾郎、二階堂ふみ主演。クリストファー・ドイル撮影。)を監督。公開が待たれている。東京工科大学客員教授。イメージフォーラム映像研究所専任講師。手塚治虫文化財団代表理事。ジャパン・イメージ・カウンシル理事。知的財産管理技能検定委員。

第1期 受講者募集中

他のワークショップとはひと味違うユニークなカリキュラム。

少人数制で講師がひとりずつていねいに指導します。プロ・初心者問わず参加できます。

  全回 / 各時間  
期 日
20194/13(土)・4/27(土)・5/11(土)・5/25(土)
講 師:手塚 眞 (ヴィジュアリスト/映画監督)
定員12名 各回13:00~16:00

主な内容:映画の演技とは/「演技」と「芝居」の違い/想像力を磨く/
個性的になる自己改造/撮影現場での問題/観客(カメラ)に恋をさせる/他。

講 師:手塚 眞 (ヴィジュアリスト/映画監督)
定員12名 各回17:00~20:00

主な内容:30分でわかる映画の作り方/企画の発想法/未来のための映画と
過去のための映画/もっとも大事な3つの秘訣/仕上げの神技/他。

会場
プーク人形劇場 5階ホール
東京都渋谷区代々木2-12-3

JR新宿駅南口徒歩7分/
都営新宿線新宿駅6番出口徒歩1分/
大江戸線新宿駅A-1出口徒歩1分

会場
16歳以上60歳以下の健康的な男女。
初心者・プロ問いません。
未成年の方は保護者または所属団体の許諾が必要になります。

会場
5万円(税込)
お申し込み後1週間以内にお振込みいただきます。
お支払方法は事務局から送付される詳細をご参照ください。

お申し込み

下記事務局まで、氏名、生年月日、連絡先(メールアドレスまたは住所・電話番号・希望コース)を明記して メールまたはFAX、郵送にてお申し込みください。確認後、応募要項詳細をお送りいたします。

 

申し込みアドレス 
info@neontetra.co.jp 
シネマ・ワークショップ 宛

 

受講時に領収書を発行いたします。
※現金書留はご遠慮ください。

 

応募締切り

2019年4月5日(金)
(定員に達し次第、締め切ります。)

 

お問い合わせ

手塚眞実験室シネマ・ワークショップ事務局
〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-21-11
代々木クリーンハウス2D
有限会社ネオンテトラ内
TEL 03-3374-8864
(月~金曜 11時~19時) 
FAX 03-3374-8863 
info@neontetra.co.jp

 

 

主 催

手塚眞実験室シネマ・ワークショップ事務局/
有限会社ネオンテトラ 
https://tzk-workshop.com

 

注意事項

  • 未成年の場合、保護者もしくは所属団体の許諾書が必要です。
  • 妊娠中の方、発作などの持病がある方は受講できません。
  • 国籍問わず応募できますが、講座は日本語のみで行います。(通訳、手話などはありません。)
  • お申し込み後のキャンセルは受け付けいたしません。受講日に出席できなかった場合でも受講料は返却いたしません。
  • 主催者の事情で講座が開かれなかった場合、相応する受講料分(時間で計算)を返却いたします。
  • 当ワークショップの目的は、受講者の個人的な教養や表現力を高めるためです。映像業界での仕事の斡旋、
    マネージメント等は一切行いません。

UP!